話題の食事や気になる食事を紹介する“今日の朝食メニュー”

今週のメニューは、「料理研究家、五十嵐豪さんが教える、丈夫な体を作るメニュー」

「豚のにんにく味噌漬けサンチュ巻き」

筋肉をつけるにはたんぱく質は不可欠。
豚肉、味噌にはたんぱく質が豊富です。豚肉に含まれるビタミンB1は運動で疲れた身体の回復を助ける効果が期待できます。
にんにくに含まれる硫化アリルはビタミンB1の吸収を高める効果があると言われているので、一緒に摂って疲労回復効果をアップさせ、疲れ知らずで運動できる身体をつくります。

豚を漬けた味噌はタレとして使い、ムダにしません。豚を焼いた肉汁と合わせるから旨味たっぷりの味噌ダレになります。


材料

分量(1人分)

作り方

豚ロース厚切り肉
味噌
みりん
おろしにんにく
切り干し大根
きゅうり
にんじん

サンチュ
ごま油

1枚
大さじ2
大さじ1
小さじ1/3
5g
1/3本
1/3本
小さじ1/6
5枚
小さじ1/2

[1] 味噌、みりん、おろしにんにくを混ぜ合わせ、豚肉に絡めて冷蔵庫に30分おいたら、豚肉についている味噌を取り除く。

[2] 切り干し大根はもみ洗いし、水気をよく絞る。きゅうり、にんじんは千切りする。切り干し大根、きゅうり、にんじんをボウルに入れて塩を和え、水気が出たら絞る。

[3] フライパンにごま油を引いて豚肉の表面を焼き、蓋をして弱火で5分程蒸し焼きして火を通したら5等分する。豚肉に絡めた味噌をフライパンに入れて中火にかけ、とろみがつくまで煮る。

[4] サンチュ、豚肉、[2]を器に盛り、豚肉に[3]の味噌ダレをかけたら完成。サンチュで豚肉、野菜を巻いて食べる。


五十嵐豪 しかない料理研究家

サントリー金麦のイメージキャラクターなど、ビジネス向けレシピを年間1200レシピ制作する。
自炊率200%を目標に自炊率の向上活動を行ない、ローカルグルメおこしに関わることが趣味。



これまでに紹介したメニュー