本のごちそう

早稲田大学で文学を教える市川真人先生が、
小学生にオススメの本を紹介します。

市川 真人 Ichikawa Makoto
1971年8月10日生まれ
早稲田大学ほかで文学を教える先生。小説も絵本もマンガも読むのが大好き。野球と犬と甘いものも好き。小学生の塾の国語や算数の先生もしていたので、ネクタイを引っ張られても背中に乗られても大丈夫。


オススメの一冊

「ランランらくご まんじゅうこわい」

斉藤 洋/文 高畠 純/絵

古典落語の演目のひとつ「まんじゅうこわい」
若い町人たちが怖いものについて話していると、その中のひとりが 「まんじゅうが怖い」と言い出す。他の男たちは怖がらせようと 男が寝ている枕元に、たくさんのまんじゅうを置いておく。すると...。
ほかにも「親子酒」「できごころ」を含む三話を大胆にアレンジし、 落語の「お話の面白さ」を中心にまとめた一冊

【出版社】あかね書房



これまでに紹介した本はこちら